「あなたは変われることをご存知ですか?」 「瞬間直し(R)実践会」は、 あなたのテニスのセカンド・オピニオン(第2の意見)です。 あなたはテクニック、メンタル、フィジカル、 さらには、戦略、戦術等の点検・強化を行ううちに、 “新しいあなた”と出会うことでしょう。 そして、新たな成長曲線を描くのです。 元オリンピック強化スタッフ・元日本代表コーチ 田中信弥 Shunkan Naoshi Jissenkai

会員の喜びの声

会員の方々に、たくさんの喜びの声をいただきました。

[ページ :1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85]
該当件数:842件 141-150件
キックサーブのDVDは、大変役に立ちました。
●匿名希望様(60才 /男性)

【 DVD 第75巻 8月号「強力トップスピンフォアハンドマスタープログラム!」 】のご感想
分度器理論など、強力トップスピンフォアハンドに欠かせない原点の理論が凝縮されていて、とても良かった。数ある田中信弥プロのDVDの中でも特にお勧めの1本です。
●T.H様(51才 /男性)

【 ボールコントロール飛躍的アップトレーニングDVD 】のご感想
年齢が上がると共に体のブレが気になっていましたが、このDVDにしたがってトレーニングを続けたところ、1か月頃からショットが安定してきたかな、と感じ始め、2か月位から、体感トレーニングの効果を確信しています。ずっと続けることが大事だと思いました。
●匿名希望様(58才 /男性)

【 別売DVD 第3号 「4ステップ 20min 練習法!!」 】のご感想
私にとって最高のサーブ改善法を授けていただきました。以前DVDを観てボール投げから半年ほど練習したことがあります。ところが最近、力のない浅いサーブになりがちで悩んでいました。改めてこのDVDを視聴したところ、ステップの入れ替えができていないことに気づきました。またボール投げからやり直したところサーブが深く入るようになりました。すばらしい教材です。
●TMT様(66才 /女性)

【SDP-002】のご感想
テニスも守破離が重要だと思っています。
なかなか体幹をきっちりとしたテニスができず、破まで到達できません。
不格好でも勝てるテニスを身に付けたいです。
田中先生のDVDは単に技術だけでなく、勝つための技術、心構え、プロセス(形)を守るべき時、破るべき時、形を変えて離れる時がそれぞれ詰まっているように感じています。
自分のレベルに合わせてうまく活用していきたいと思っています。
●FireBlast様(38才 /男性)

【 DVD 第32巻 1月号「ランジ&ハイセット」TM 】のご感想
昔のDVDですが、温故知新というように、再確認させられる点があります。たとえば、中途半端なハイセットにならないように、グリップエンドで打つように構えるというのがあります。映像と共に改めて確認すると、この点が自分の今のボレーに欠けているのではとふと気づかされ、いいイメージを得られました。
●匿名希望様(23才 /男性)

【 短期集中合宿コース「マイクロビヘイビアチェンジ法」全4巻 81/82/123/125 】のご感想
どのビデオもいろいろなヒントが説明されていて良い内容でした。特に123巻のLesseon8のある会員の方のフォアボレーの悩みを解消する矯正方法は参考になりました。もう少しボレーを強化したいので、今回基本的なビデオを購入させていただきました。
●T.H様(51才 /男性)

ベーシックサービスとストローク編を購入しました。その購入2週間後に大阪での実戦会に参加させて貰いました。サービスは肘の角度が90度、肘と肩を一直線、ラケットの出何処は手首と一直線、トスした時の左手はそのまま空につき出す事で為をつくる。トス後の左手はボクシング、空手、相撲のツツキをイメージして一気に引いて右手への連載をして、スイングを下から上へとラケットを一気に解放してイチロウの様にフォロースルーをしかっかりイメージ出来る様に成りました。schoolでサーブが早く成ったね!と言われる様に成りました。リリースポイントは口でしてます。口でのリリースは自然とポールが前に出ますので自然と体がジャンプするように成りました。憶測ですが、リリースポイントと球種に関係有るように思えて来ました。口はフラット、鼻のリリースはスライス、目でのリリースはスピンだと思えて来ました。次なるステップは確実なセカンドサービスをマスターしてファーストをミスしても良いくらい叩きたいです。ストローク線では遅くてもバウンドする前にユニットターンを完了する。此は的確なアドバイスでした。実戦は難しい!沢山得ることが出来た事によりテニスに対してウキウキ、ワクワク感が出ました。田中信弥コーチ、有り難う。
●タカネン様(52才 /男性)

【 DVD 第49巻 6月号 〜予測・判断を磨くテクニック〜 「“亀首”の法則 」 】のご感想
予測・判断を再勉強しています。購入時も何度も見たのですが、今見ると更なる気づきがあります。
「ボールはある程度までしか見ない」:確かに過激な発言です。ただガットの汚れ方(上級はスイートスポットが汚れるが・・)や振り遅れ率を考えると、
ウィークエンドプレーヤーはもともと飛んでくるボールをそれほど見ていないのでは、と思ったりもします(その代りに自打球は一生懸命みている)。

これからも過激な発言というか、誤解を恐れず言われる発言を期待しています。

拝謝
●あっさー2号様(49才 /男性)

【 「ダブルスポーチプログラム」全3巻 】のご感想
早速成果出ています。さらに繰り返しDVDを見て研究したうえでプレーの幅を広げます。
●匿名希望様(48才 /男性)

[ ページ :1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85] 該当件数:842件 141-150件